筋肉のこり 代謝 かつもとあき スローストレッチ 20歳若返る新メソッド 方法 ダウンエイジング

筋肉のこりが代謝の悪い体を作る

食事制限をしても、運動をしても痩せることが出来ない人は、体の歪みが原因になっていことをご存じですか?

 

 

そもそも体の歪みというのは、骨自体よりも、それを取り囲む筋肉の健康状態が関係しているのです。
つまり筋肉の質を良くすることが、体の歪みのない正しい姿勢を作り、痩せやすい代謝のいいカラダを作る最短距離なんですね。

 

 

とは言え、日頃運動をあまりしていない人にとっては、質の良い筋肉を作るなんて無理と思うかもしれませんが、これは運動量とは関係がないのです。
実はこりのない筋肉こそが良いのです。

 

 

そして、筋肉の質を悪くしているのが、日頃の悪い生活習慣や癖などです。
例えば、椅子に腰かけると脚を組む癖がある人は、組んだほうの脚が縮みやすくなります。筋肉は縮むと硬くなることから、そうなるとこりなども引き起こされてしまうのです。

 

 

また、体のこりは乳酸という疲労物質と筋肉が結びついてしまうことで、筋肉を硬く短くしてしまう状態になり、こりがある人は思うように筋肉を動かせなくなり、正しい姿勢がとれなくなってしまいます。

 

 

しかも、筋肉は脂肪を燃焼させるなど基礎代謝を助けているので、こりのない筋肉があればの周りの脂肪をどんどん燃やしてくれるのです。ですが疲労物質の乳酸とくっついて筋肉が硬くなってしまうと、代謝も下り、脂肪も燃えにくくなってしまうのです。

 

 

更に、脂肪は体の冷えた場所につきやすいことから、動かずに熱を出さなくなったこりのある筋肉の周りには、脂肪がますますついていくという悪循環に陥ってしまうのです。
その為、筋肉にこりがあれば、いくら食事で摂取カロリーを減らしても、エネルギーが消費されず、思ったほど効果が出ないのです。

 

 

何より、筋肉がこっていると、どうしても体の動きもも小さくなってくるものです。
そうなれば同じ距離を歩くにしても、体を大きく動かす人に比べ消費カロリーも低くなってきますよね。

 

 

したがって、質の低いこりのある筋肉こそ、ダイエットなど、痩せることが出来ない根本原因とも言えるのです。
いずれにしても、30〜40代の女性であれば、代謝も下がり脂肪などもつきやすくなりダイエットや冷え、むくみ、便秘け、肩こりなどの悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

 

 

そのような方でも、このかつもとあきさんのスローストレッチをやれば、筋肉の質が良くなりカラダの芯からキレイにすることで、真っ先にそれらの悩みの改善効果が得られ、若返りが期待できるでしょう。

 

 

1日3秒からの若返りの魔法

 

 

 
実践者の声 若返る為の基礎知識 リンク集